イベント>>科学と仏教の接点>>アンケートレポート2011.5.28

花園大学・東京禅センター共催 特別企画
「科学と仏教の接点Y」
宇宙の起源,生命の起源,そして
ヒトの起源 パート2」

アンケートレポート
2011.5.28

<斎藤先生>

・先生の生き物の起源等の話は、必要とするものは何にでもあるという大変ありがたい話でした。考え方の幅が広がりました。
・少し難しい内容でしたが、途中で佐々木先生が質問して下さって分かり易かったです。試験のある講義でなくてよかったと思いました。
・内容が盛り沢山で興味深いお話も多くありましたが、十分な理解にはもっと多くの時間をかける必要もあると思います。
・「逆説のニヒリズム」( 渋谷 治美著)という本を最近読んだのですが、数学的ニヒリズムの出発点として、宇宙のはじまり、そして生命体のはじまり、という順で考察されていたのを思い出しました。仏教とニヒリズムとの間には、親和性はあるのでしょうか?
・ユーモアある幅広いお話に飽きることがありませんでした。
・日本人の列島内におけるDNA解析は興味ある題材であったが、更に日本の周辺地域(例えば東アジア地域)との関係(特に歴史的視点より)について解説頂けるとなお興味を惹くかと思う。
・人類の起源について、形式的な仏教という言葉には笑いを得ました。タンパクが足りないと乾燥型になるとおっしゃいましたが、乾燥肌もその中に入るのですか、と思いました。また、数学的と、人と同じように動物たちもそれぞれ様々な特性があるのかと思いました。
・「DNAから見た日本人」を読んでみたいと思います。
・生命の起源、ユーリーミラーの実験ぐらいまではついて行けましたが、核酸の作り方ぐらいから、科学の知識が無いと少し難解な感じになりました。生命のゆえんについて、もう少し丁寧にお話していただきたかったです。
・生命の起源は面白かった。「祖先を敬う」の祖先とは、どの辺まで遡るのか、自分なりに考えてみます。
・私は「死」は地球に帰るだけのこと、という考え方を持っています。私の身体は、地球からのレンタルという話に共感を持っています。だからこそ、生きている「今」を精一杯生きようという禅の教えが理解できます。
・斎藤先生のお話はわかりやすくかみくだいてくださっていたので助かりました。

<湯川先生> 

・なかなかむつかしい話でしたが今後もっと勉強する話を提案していただき改めて勉強してみようと思います。
・日常生活の中では考えたこともない内容で、専門用語も多く、外国語を聞いているような気がしました。難しかったです。ただ、日夜先生が研究しておられることなので、先生が嬉々として熱く語られる姿には感銘を受けました。熱意は十分に伝わってきました。
・先生の生命の起源についての話のなかで、隕石が衝突エネルギーを出して、マグマの海を作ったとはじめて知り、驚きました。前半の斎藤先生の話との対比で、たまごが先かにわとりが先かという考え方と似ているみたいで難しかったです。知識が無いのであまり考えないようにしていましたが、教養は得ることができました。
・内容の中に宗教、特に仏教のお話があれば良かったと思われました。
・左利きアミノ酸と右利きアミノ酸の生成メカニズム(地球創世記における)に対する理解が不鮮明でした。
・幅広い内容をスピーディーにお話しいただき、聞いている瞬間にはよく理解できました。しかし、それを自分の脳の中に留め置くことができないので、願わくばスライドの画面を資料としてお渡しいただければ幸甚です。
・先生の狙い通り、お話はよく判らないけど面白く伺いました。無機物からできる「生命様のもの」は、宇宙にはないのでしょうか?
・普段あまり使わない頭をフル稼働させてお話をお伺いしました。頭を一生懸命使った充実感はありましたが、残念ながら難しくて理解はできませんでした。
・宇宙を考えるのはいつも夢がある。有限ということですが、光速を基準にしたからで、今も膨張をし続けているとしたらやはり無限なのではないか。いずれにせよ大きなことを考える良い機会でした。
・宇宙が有限が無限かは自分の中では答えがハッキリしませんでしたが、楽しかったです。
・パラレルワールドは存在すると考えていましたが、今日湯川先生のはっきりした論を伺えてスッキリしました。宇宙の作り方は大変面白かったです。
・宇宙の始まり論なついてなど、湯川先生の新しい視点からのお話を聞くことができて大変参考になりました。
・本当に頭の良い方はこういう人なのだと思いました。理屈はもちろん、1000分の1くらいわかったかなというくらいですが、とても興味深く聞きました。単語の定義自体が分からなくて、ついて行けないところもたくさんありましたが、所々、ふと、あるいはハッとするようなエッセンスがあり、もう少し自分が理数系に強い人間だったら、今日のお話をもっと面白くまた貴重さがわかって聞けただろうなと思います。私も、ビックバンは、何度聞いても腑に落ちない気がしており、また宇宙は無限というのもどうも信じられないような気持ちでした。今日の湯川先生の研究の一部を伺い、ぜひこのまま進めていただき、新しい「世界」を証明していただけたらなと思いました。
・湯川先生のお話に感銘を受けました。難しいと分かっていながらも全力でお話を我々にしてくださっている姿勢のようなものを感じられました。このような機会で思うのは、様々な見解を示してもらい、自分なりにこの世の中を見つめていく努力、修行をあきらめずに続けていくことです。

<佐々木先生>

・佐々木先生の最後のお話は短くもギュッとエッセンスのつまったお話でした。帰ってからキーワードを自分で勉強しようと思います。
・科学を突き詰めていっても、結局わからないところが残るのが興味深いです。それを極限まで小さくしていくと、何が出てくるのか楽しみですね。
・佐々木教授の話をもっと聴きたかった。先生のツッコミが少なくてちょっと残念でした。
・毎回、先端と仏教が交錯した興味深い話をありがとうございます。
・先端科学の問題も、新しいものを生み出していくうえでの「理性」と「感性」とのコラボレーションの接点を知る上で有意義でした。
・もう少し科学と仏教の接点的な話を伺いたかった。仏教の話も聞きたかったです。
・私の理解率は1%?0.5%?難しいが楽しかった。
・とても楽しく拝聴させていただきました。自然の法則イコール仏教の教えにつながると思っています。人は朝起きて夜寝るという単純な毎日ですがその中で仏教につながる教えはすべて含まれるような気がします。科学も遺伝子もすべて同じような気がしました。おもしろかったです。
・難しくて理解できないところも多々ありますが、それも含めて普段とは全く違った頭の回路が刺激され、リフレッシュされる感じです。
・久し振りに根拠のある難解な話を聞きました。最近は根拠の乏しい難解な話(例えば政治・経済の話)が多いので、生き返ったような気持ちです。但し、本当に難解・・・。
・3人の先生方の討論をもう少し聞きたかった。
・スライド映写されたものを頂けたらありがたいです。貴重なお話を理解するためにぜひ資料として持ち帰りたいです。

tokyo-zen-center. All rights reserved.